Blog

ボサノバの名曲を弾こう。アントニオ・カルロス・ジョビンの"The Girl from Ipanema(イパネマの娘)"の初心者向けボサノバアレンジを動画とTAB譜で紹介します

ギターレッスン ボサノバ イパネマ .jpg

落ち着いたカフェにぴったりなボサノバ。
ギタリストであれば一度は挑戦してみたい音楽だと思います。
ブラジルのリオで生まれたこの音楽は、ブラジルの伝統音楽ショーロからサンバへと続いてきた流れの中から生まれました。"Bossa Nova"は「新しい傾向」「新しい感覚」といった意味があります。伝統的な文化の中から新しいものを取り込んで生まれたボサノバは世界中で愛されていますね。
ここではボサノバの代表曲「イパネマの娘」に挑戦です!
リズム、コード、メロディーすべてがお洒落で心地よいですのでぜひ頑張ってみて下さい。弾けると楽しいですよ!


まずは演奏動画をご覧下さい!


譜面(ボサノバ伴奏)
ギターレッスン ボサノバ イパネマ Aメロ.jpgのサムネール画像
コードがなかなか難しいので最初は左手に気を取られてしまうと思いますが、慣れてきたらリズムに気をつけて弾いてみて下さい。とくにコードチェンジをスムーズにできるかが鍵になってきます。

譜面(間奏)
ギターレッスン ボサノバ イパネマ サンバ.jpgのサムネール画像
基本ボサノバのリズムで弾いてますが、途中からサンバの感じにもなってきています。
ポイントは常に先へ先へとリズムが動いているのを意識する事です。
コードチェンジも必ず一つ前の小節の終わりの音で行ってます。


譜面(イントロ)
ギターレッスン ボサノバ イパネマ イントロ.jpgのサムネール画像

イントロのパターンは他の曲でも使えるのでぜひ覚えてみて下さい!
ポップスの曲をボサノバにアレンジする際にも使えますね。

いかがでしたでしょうか?
ボサノバは敷居が高いイメージがありますが、基本さえ押さえれば、途端に沢山の曲が弾けるようになります。
とにかく色んな音源をよく聴いて、ボサノバのコードやリズムに耳を慣らすのが重要だと思いますのでぜひ研究してみて下さいね!
もっとよく知りたい方はギターレッスンを行ってますので、ぜひ一度レッスンにお越し下さい。!