カテゴリ:日記



Diary · 2020/04/08
新型コロナウイルスの影響により、これまでの生活が一変した方も多いかと思います。刻一刻と変化していく状況に応じるかのように、自分の思考も慌ただしく動いているのが感じられます。

Diary · 2019/12/30
今年に入り助川太郎さんと何度かライブをご一緒させてもらいました。 助川さんは、私がブラジル音楽を始めた最初のきっかけを作ってくれた方で、事あるごとに自分の事を気にかけて下さってくれていました。

Diary · 2019/12/24
先週末は、市川「Cafe&diner BAHAMA」にて、ヴィブラフォンの名手渡辺匡彦さんとDuoライブでした。

Diary · 2019/11/18
昨夜は荻窪アコースフォアカフェにて清水敏貴さんとのギターデュオライブでした。 「お店のコース料理を食べながら音楽を聴く」というコンセプトのライブで、規模は小さいながらも、横浜のモーションブルーや渋谷のJZBratのような贅沢な環境を思い起こさせるようなライブとなりました。

Diary · 2019/11/05
11月3日は平井のTime After Timeにてボーカル尾張文重さんとのデュオライブでした。

Diary · 2019/10/29
今日は歌伴奏のレコーディングでした。 歌とギターのシンプルな編成で、同時一録音。 程よいライブ感もありつつ、安定した演奏が求められるのでライブの時とはまた違った緊張感があります。 エンジニアさんの演奏者の感性を汲み取ってイメージしている音に変えていくプロセスを間近で見ながら、どんな職業でもプロはやはり質が違うなぁと感動でした。

Diary · 2019/10/21
私が、ブラジル音楽を始めて今年で10年を越えようかという年月が流れました。 プロフィールにも書いてありますが、大きなきっかけとして、Celsinho Silvaさんと加々美淳さんの演奏を直に聴いた事が挙げられます。

Diary · 2019/09/13
ギターDuoアコースフィアの清水さんとレコーディングプロジェクトを定期的に行っているなですが、今回も新しいプロジェクトがスタートしました。 曲は米津玄師のLemonです。 この今日はレッスンでもよく希望があり、取り上げている曲ですが、今回は原曲の感じではなく、ギターduoスタイルがより活きるアレンジを目指す事となりました。 シンプルで聴きやすいサウンドがコンセプトです。

Diary · 2019/07/09
SMAPのヒット曲でも有名な「夜空ノムコウ」をこの曲が流行った高校生の時の気持ちを懐かしみながらブラジル音楽テイストで演奏しました。

Diary · 2019/06/26
ブラジル音楽にはサンバ、ショーロ等、豊かなメロディーやリズムがある音楽が存在しますが、ボサノバもブラジルの代表的な音楽だと思います。

さらに表示する