WEB-CONTENT

WEB-CONTENT · 2020/09/30
これまでのWEB-LESSONのアーカイブです。目的の記事を探す際にお使いください。

WEB-CONTENT · 2020/08/02
ウクレレでボサノバを楽しむをコンセプトに、サマーサンバ(samba de verão ) をウクレレ2本で演奏しました。 メロディ→ソプラノウクレレ(High-G) 伴奏→テナーウクレレ(Low-G) で演奏してます。 動画に伴奏パートのTab譜を載せましたので、一緒に演奏してみて下さいね♬

WEB-CONTENT · 2020/05/28
アコギやクラッシックギターのような箱なりのするギターは、生音の豊かな響がとても心地いので、なるべくその良さを活かしてあげれるような音使いを選んでいくとよいです。 今回は、開放弦を中心に綺麗な音を選んだアルペジオエチュードを紹介します。

WEB-CONTENT · 2020/05/09
洋楽の名曲でマリーナ・ショウ等、多くの方にカヴァーされている『Feel Like Makin' Love』をSamba styleで演奏してみました。 所々アクセントとなるキメのハーモーニーもかっこいい曲です。 ぜひトライしてみて下さいね。

WEB-CONTENT · 2020/05/06
Choroの伴奏時に使われるBaixaria(バイシャリア)はメロディーに呼応するような低音のメロディーを伴奏の合間に入れていく奏法です。 暫し7弦ギターが担当する事が多いですが、今回は6弦ギター用にアレンジしました。 第2番はAmのetudeです。 開放弦を混ぜながら演奏する事もポイントですね。 是非トライしてみてくださいね。

WEB-CONTENT · 2020/05/04
音楽には色んなメロディーやハーモニー、リズムが存在していて、その組み合わせで、無限の世界が広がっている気がします。 それぞれの作り方のアイデアはそれこそ沢山ありますが、今回ハーモニーからメロディーを作る練習をしていこうと思います。 またSambaのリズムに上手くフィットする事にもトライしています。 ぜひ取り組んでみて下さい!

WEB-CONTENT · 2020/04/18
ジョビンの曲は、覚えやすいメロディーに多彩なハーモニーが添えられている曲が多いですが、この曲もジョビンを代表する曲の1曲でしょう。 今回はソロギタースタイルでアレンジしてみました。

WEB-CONTENT · 2020/04/08
ブラジルを代表する音楽としてサンバが挙げられますが、ショーロも外す事ができません。 ショーロで活躍する楽器の中にギターも入ってきます。 ショーロのギターで特徴的なのは、伴奏の合間にメロディーに呼応するかのように低音で合いの手のメロディーラインを演奏する「Baixaria」(バイシャリア) という奏法があります。 今回はこのバイシャリアの練習としてエチュードを作ってみました。 動画をみながらぜひ練習してみて下さい!

WEB-CONTENT · 2019/11/26
stingはイギリスのミュージシャンで、ポリスというバンドでも活躍しました。 Every Breath You Take」「Fragile」、「Shape of My Heart」等名曲を沢山生み出してます。 今回はその中で、どことなく哀愁があり冬の季節にとても聴きたくなる「Englishman in new york 」を、ブラジルテイストで演奏しました。 何年か前にも一度取り上げましたが、今回新たなアレンジで取り上げてみます。 まずは音源を聴いてみましょう♫

WEB-CONTENT · 2019/09/12
ジョンレノンのHappy Xmas (War Is Over) をUkulele Duo で演奏しました。 伴奏は基本ストロークですが、クリシェと呼ばれるアイデアを使って、コードの内声をメロディーのように弾くアレンジを用いています。 最近は暗くなるニュースが多いですが、少しでも明るく希望を持てる毎日を過ごせるといいですね。

さらに表示する